AI地震リスク地図
MT法の超高速処理で実現した全国のリスク解析
図中左上の日付までのデータで解析した結果です。
各円内の日付は、警戒を続けるべき目安です。
地震リスクの考え方
地面の動きは毎日計測されていますので、地面が日を追って捻れたり波打ったりする状況が分かります。
地表面の動きが、数十キロメートル地下深くの動きを反映しているとするなら、以下のように考えることができます。

地震が発生していない期間に対して、現在の動きが
  • 同じようなパターンなら地震リスクは小さい
  • 異なるパターンなら地震リスクが大きい

もちろん、地表面の動きが地震発生の計測値として有効ではないなら、この仮定は成立しません。ここでは、成立するとしたときの地震リスクを求めています。
ちなみに、 2018年6月の大阪府北部地震や2018年9月の胆振東部地震など、最近の強い地震のいくつかではパターン相違を捉えていたようです。

MT法を用いた地震予測のより詳細な考え方については、
地震予測への応用
をご参照ください



地面の動きデータは、国土交通省国土地理院のホームページ
https://terras.gsi.go.jp/
の電子基準点データ提供サービスから、誰でも取得することができます。
国土地理院における補正作業に20日ほど要するため、最新版のデータでも2-3週間程度前までとなります。

( 本 社 ) 061-1134 北海道北広島市広葉町2丁目2-7
(札幌事務所) 060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目 敷島プラザビル4階

ページの先頭に戻る
Copyrightc 2019 AngleTry Associates. All rights reserved.