☗HOME > MTシステムとは > MT法の応用分野
MT法の応用分野
MT法には、表のように広い応用分野があります。
MT法は計算量が非常に少なく(深層学習の1/1,000以下)、当社ソフトウェアの処理時間は以下の通りです(intel CORE i7利用時)。
単位空間計算時間(1,000項目×3,000サンプル) : 2.0 秒
マハラノビス距離計算時間(1,000項目)       : 0.002秒
計算に要する計算負荷が小さく、現場の端末で判断処理を実行するエッジ・コンピューティングの用途にも適しています。ものづくりや橋梁などの構造物における検査・監視の自動化・省力化、あるいは予防保全などで利用されています。
当社のソフトウェアは処理時間のほか、計算精度の確保や計算不能の回避処理を持ち、どのようなデータセットについても高い認識精度を実現しています。
分 野事  例
波形検査 異音(モータ・ギア・エンジン・ポンプ)
振動異常(切削・ドリル)、加熱温度波形
スペクトル検査 薬剤成分波形(クロマトグラム)、溶接電流波形、インパルス波形
アクチュエータ電流波形、圧入・圧着時の荷重波形、圧力波形
樹脂成型、ダイカスト加工、打音スペクトル
機器監視 医療機器、印刷機、ロケット、半導体製造機器、風力発電
建機、防衛機器、橋梁・トンネル等構造物
設備監視 製造ライン監視(部品・素材・食品)
プラント監視(発電・石油)
画像検査 シート部材、半導体顕微鏡画像、溶接画像、穴繰り内面画像
照明ムラ
医学・自然現象 医療診断、健康診断、治癒効果測定、地震リスク、環境汚染、予測
MT法の特徴
MT法の考え方と数理
原因診断
MT法の応用分野
T法(1)・MSR
そのほかの数理

( 本 社 ) 061-1134 北海道北広島市広葉町2丁目2-7
(札幌事務所) 060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目 敷島プラザビル4階

ページの先頭に戻る
Copyrightc 2019 AngleTry Associates. All rights reserved.